ウィッグをカットして長さを調整

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグは今、おしゃれのアイテムとして人気が高くなっています。通常の物を購入して自分好みのカラーに染めたり、長さを調整したりしてオリジナルな物を自分で作り上げられるのも人気のポイントです。カットは自分で行う場合と美容院に行ってカットしてもらう場合とがあります。通常の髪質とは全く異なりますので自分でやるとなると専用のはさみなどが無いと結構大変です。プロの方にカットしてもらえば綺麗にできますし、自分でやるより好みの髪型になりやすいと言えます。自分で長さを調節する場合、通常のはさみを使用するのであればまずは下からカットしていくことを基本として少しだけ長さを調節したい、前髪をちょっとだけ切りたいという時だけにして、本格的にカットするなら美容師に行ってもらうことをおすすめします。

耐熱ウィッグをカットしてヘアアレンジ

人口毛を使用している物だとヘアアイロンを使うことに躊躇してしまうという方は多くいます。しかし耐熱ファイバーを使用しているものや人毛を使っているものであればヘアアイロンを使用することができます。ヘアアイロンが使用できると好みの長さにカットしてから色々とヘアアレンジが楽しめますので、よりオリジナリティ溢れるヘアにすることができます。自分だけのおしゃれを楽しみたいという方にもおすすめと言えます。人毛の場合、ファイバーと混合で作られている物もあります。そういった場合もファイバーが耐熱であるかどうか確認が必要です。使用されている人毛の場合は問題ないですが、耐熱ファイバーの場合はヘアアイロンを使用する時に耐熱温度はしっかりと確認をしておくことが必要です。耐熱温度が低いものだとヘアアイロンを使用することができません。

ヘアアレンジやカールがしやすい長さ

ヘアアレンジをするならウィッグの長さをあまり短くしてしまうと滑りやすさもあるのでやりづらくなってしまいます。ある程度の長さを保ちながら好みの長さにカットしていくことをおすすめします。長さをロングにして段差をいれてカラーをすることでオリジナルさも出すことができます。巻髪が出来る種類も増えますので長い状態がおすすめです。ヘアアイロンを使用する場合、耐熱ファイバーの物はアイロンで巻髪を作ってすぐにアレンジを加えようとしてばらつきを出そうとするとカールが取れてしまいますので注意が必要です。カールを作ったら熱が冷めるまでその状態を維持することが大切です。また盛り髪にするのであれば超ロングのものがおすすめです。カールをしてもとても迫力がありますし、盛りも大きく作ることができます。パーティーなどに行く時に華やかなヘアアレンジにしたいという方におすすめです。