ウィッグの基本的なブラッシング方法

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグを着用する理由は人によって様々ありますが、その選び方も人によって色々とあります。ただし共通して言えることは、それがかつらだと人にバレないようにしたいという事です。そのため、あまりにテカテカと艶があるものなどは明らかにかつらだと見た目にも分かってしまうので、避けておきたいところでしょう。日常的に毎日装用するという場合には、通気性なども大切になりますので、安価な物よりも多少値が張る物を選んだ方がいいかもしれません。かつらに使用されている素材は、人毛と人工毛、そのミックスである混合毛のどれかになります。一番自然に見えるのは人毛で、自分の髪の毛と同じようにシャンプーやトリートメント、熱にも強いためコテやヘアアイロンなどを使用してのヘアアレンジも楽しむ事が可能です。

用途によって種類を選ぶといいでしょう

人毛以外にも、人工毛という合成繊維でできたウィッグがあります。こちらはポリエステルやアクリルといった素材でできており、かつらの形状を記憶しやすいという特徴があるので、人毛よりもスタイルをキープしやすいのが利点です。ただ合成繊維のため、見た目にはやや不自然に映る事もないとは言えません。このタイプはお洒落としてかつらを利用したい方や、かつらを付ける初心者に向いているといえます。この先の二種類をミックスしたものが混合毛という人毛と人口毛のミックスタイプで、光沢も控えめであり自然な感じで装着する事が出来ます。手入れは人工毛が入っている事から、シャンプー後でもおおよそ元の形状に戻ってくれるのでそれ程大変ではありません。同じくスタイルも楽にできますが、カラーリングには不向きなのがこのタイプです。

装着の仕方には気を付ける点もある

どのような種類があるのか分かった所で実際のつけ方ですが、これには気を付ける点もあります。例えば、フルウィッグと呼ばれる髪全体をかつらで覆うタイプのものですが、こちらは地毛を上手く隠す事が重要となります。お洒落の為にかつらを利用する場合、元々がロングヘアーの場合などには髪を三つ編みにするなどしてコンパクトにまとめなくては、頭が大きくなってしまいます。これに対して、部分タイプはかつらと地毛の馴染ませ方が重要なポイントになります。人工毛だとテカリで地毛と別れて見えてしまうので、それを防止するため制汗スプレーなどでつや消しをするという方法もありますので、利用してみて下さい。またどのタイプのものでも言える事ですが、保管は通気性が良く湿気の少ない所で行うと長持ちさせられます。

高品質な耐熱ファイバーと伸縮キャップと自然なつむじによりプロに支持されるバレない自然なウィッグです 映画ヘルタースケルター、パラダイスキス、ドラマ人は見た目が100%等、様々なメディアで使用頂いてます 公式通販なら17時までの注文は即日発送!取扱店も豊富なのでほしい時にすぐゲットできる! 国産ファイバーの高品質なウィッグを安心価格でご提供 TGC・神戸コレクション等国内のイベントも多く参加ウィッグでお洒落を幅広く楽しもう